黒ラブ☆ももっちと毎日一緒

2017年4月、14歳になった黒ラブももこの笑顔の毎日を綴ります。

Entries

おしりのこと。

にゃっちゃんを病院に連れて行かないといけないかもと様子を見ていたら、
ももがおしりを気にしだしたので、ももを先に病院へ連れて行ってきましたよ。

肛門腺をギュッと絞ってもらいました。

IMG_1109 (2)

先生はお優しいのだけど、病院は怖いの・・・。

にゃっちゃんも病院が苦手なのですが、ももも目の手術以来苦手になってしまいました。

先生と受付のお姉さん達のことは大好きなのですが、また置いて行かれるかもと、
心配になるのかもしれませんね。

キュンキュン・・・と訴えかけてくるので、大丈夫だよーと背中をトントンしながら、
呼ばれるのを待ちましたよ。

IMG_1111.jpg

先生は、全然怖くなかったの。ホッとしたので、あくびが出たのぉ。

恥ずかしながら、大型犬は自分で出せると思っていたので、わざわざ肛門腺は
絞らなくていいと思っていた時期がありました。

一番最初に、ももがおしりを気にした時・・・

先代犬のマルちゃんが肛門に腫瘍が出来て、排便をする際にとても辛い思いを
していたので、同じく腫瘍が出来たのでは!?と慌てました。

IMG_1100 (2)

病院近くの公園でお散歩なの。いつもと違うお友達のお手紙がいっぱいなの♪

マルちゃんも最初は気にするそぶりはあっても、痛がったりはしなかったものですから・・・。

シニアになって、ウ〇チがポロリと出るのはよくあることですが、
マルちゃんはほとんど自力では出せなかったので、ウ〇チポロリはいいなと思います。

汚いお話で申し訳ないのですが、8歳に腫瘍が出来てから14歳でお空に旅立つまで、
私が指でかきだすことが多かったものですから。

出してあげるのは自分のワンコですからね、普通に出来ましたが、マルちゃんが
自分でも出そうと頑張るのですが、上手には出なくて痛い思いをしていたので、
それを見ているのが本当に辛かったです・・・。

だから、ももの健康なおしりにはいつも感謝しているのですよ。
最近、なんだかおしり関係の話ばかりですね、ごめんなさいねー(笑)

今日も家族みんなで頑張ります。
今日も最後まで読んで下さって、本当にありがとうございます。

ももとお母しゃんを応援していただきたいの♪
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
いつもポチッと応援して下さり、本当にありがとうございます。
スポンサーサイト

Menu

プロフィール

ももmama

Author:ももmama

ももこはいくつになったの?

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

読んでくれて、ありがとう。

ブログ村に参加しているの。

右サイドメニュー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム