黒ラブ☆ももっちと毎日一緒

2017年4月、14歳になった黒ラブももこの笑顔の毎日を綴ります。

Entries

自然の脅威ともも達を守る覚悟なの。

のじまスコーラに行った時に、近くの野島断層にも行ってきましたよ。
以前から、一度行ってみようと思っていた場所です。

この断層は、阪神大震災を引き起こした活断層のひとつだそうです。

写真に写る、この地面のずれ。
震災当時のままのものを野島断層保存館で、保存されているものです。

人間が作り上げた、頑丈なアスファルトをも変形させてしまう力。
自然の脅威に、ただただ無力を感じます・・・。

IMG_9516 (3)

阪神大震災当時、私は京都の実家で暮らしておりました。
次姉の結婚式から、2日後のことでした。

私の隣の部屋だった、次姉の部屋。
部屋にあった大きな本棚があの地震で倒れ、横に合ったベッドにも
ガラスの破片がたくさん飛び散っておりました。

もしも、次姉がそのベッドで寝ていたらと思うと・・・
結婚してくれて本当に良かったと、一番思った時だったかもしれません。

私の母はね、2階で寝ている私よりも、先代ワンコのマルちゃんを心配して、
地震の揺れが止まった直後に、名前を呼びながら、走って行っておりましたよ。

私は、ベッドの上でしばし茫然。
その後、テレビで見た神戸の街には愕然と致しました・・・。

IMG_7101.jpg

少し前に、環境省から「災害時は、原則ペットも一緒に避難」との発表がありましたね。

ペットというより家族の一員である、ももやにゃっちゃんと共に逃げることが、
当たり前の私ですが、ワンコもニャンコも家族と認められたようで、嬉しい発表でしたよ。

でも、実際の避難となると、ワンコやニャンコが苦手な方がきっといらっしゃるし、
人が大変な時に動物のことまで・・・と感じる方がいらっしゃるかもしれません。

IMG_2285.jpg

何か起った時にも、絶対に迷子にさせない。
〇〇〇のバカ力を発揮して、ももとにゃっちゃんを抱えてでも共に逃げ、
絶対にどんな時も一緒に生き抜こうといつも思うのです。

もしも、一緒に行った避難場所で迷惑だと思う方がいらっしゃったら、
頭を下げて、一生懸命にお願いしようと思います。

IMG_5920.jpg

この子達は私の大切な家族です。
どうか、この子たちも共に生きさせて下さいと。

まず、アレルギーがある方とは別の部屋にしていただいて、
苦手な方とも別の部屋で。

それでもダメって言われたら、悲しいですね・・・。

でも、諦めませんよ!
ワンコもニャンコもその他の動物達も、守りたい大切な命ですものね。

IMG_4584.jpg

家族はね、どんな時も一緒にいることが幸せだと、ももも思うの。

そして、少し前に発表があった各自治体の食料品と水の備蓄量の少なさに、
驚きましたよ。

少しずつでも、我が家の備蓄を増やしたい思います。

明日も家族みんなで頑張ります。
今日も最後まで読んで下さって、本当にありがとうございました。

ずっとずっと一緒なの♪

にほんブログ村
ももとにゃっちゃんをポチッと押して、応援をお願いしますね。
いつも本当にありがとうございます。
スポンサーサイト

Comment

 

阪神淡路大震災…私も経験しました。
因みに家は焼けました。
あの頃はまだ子供が小さくワンを飼ってなかったのですが…避難所には寒い時期なのに中に入れないワン達が外に繋がれてて…放っておけない飼い主さんが気にかけて寒いなか寄り添う姿をよく見ました…悲しい現実ですね…。
家はマンション住まいの多頭飼い!もしもの時は全員バギーに乗せて○○○の馬鹿力で階段を担いで降りますよ~(因みに6階です)
愛する我が仔を守る為なら何だって出来ますよね。
  • posted by カポちんのママ 
  • URL 
  • 2013.09/15 03:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

地鳴りの後にやってくる大きな揺れ。
今でも覚えています。
新潟も中越地震と中越沖地震。
もっと前だと新潟地震で大きな被害をうけ、
そのたびに多くの人からご支援をいただきました。
我が家も微力ではありますが、阪神淡路と東北地震の際、
おにぎりの炊き出し支援をさせていただきました。
人災は防ぐことができますが、自然災害には無力に等しい。
もし避難しなければならないような時が来たら、我が家は車が避難場所かな?
  • posted by 海パパ 
  • URL 
  • 2013.09/15 09:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

環境省の発表、うれしいですね。
家族を置いて、自分だけ非難なんて、とてもできないですものね。
我が家は、お水のペットボトル1ケースと、フード1袋を車庫においておきました。人には分けてもらえても、ワンたちに、もらえるのだろうか?って、とっても不安でした。
大切な家族ですものね。よかった、一緒に避難できるんですね。
我が家の車庫には、フードは、もらっていただきましたが、いまだに、お水のケースが、置いてあります。
期限中に飲んで、そろそろ新しいのに変えておかなくては、いけませんね。
  • posted by ダークなふくちゃん 
  • URL 
  • 2013.09/15 22:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

カポちんのママ様へ♪ 

大変な思いを乗り越えて来られたのですね。
ご無事ていて下さり、何よりでした。
ももpapaの実家は、大丈夫だったのですが、
親戚の方の家が、全壊してしまい、
大きな心の傷を負われたそうです。
自然の前では、人間は本当に無力ですね。
でも、何かが起こった時の備えは大切ですよね。
そして、バカ力も。
私も、きっと何だって出来ると思います。
大切なうちの子のためですもの。
何だってしますよ、ね。

いつもコメント本当にありがとうございます。
  • posted by ももmama 
  • URL 
  • 2013.09/15 23:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

海パパ様へ♪ 

そうですね。
新潟の方も、大きな地震を経験されていますよね。
海パパさんもいろいろなことを乗り越えて来られたのですね。
ご無事で、何よりでした。
ワンコやニャンコと共に避難出来るという考えは、
本当に良いことだと思いますが、
まだまだ、これからのことですからね。
でも、人の優しさで実現できるのではと思います。
車を避難場所として使うのは、エコノミークラス症候群になる、
可能性がありますのでね。やめておかれた方が良いと思います。
うみちゃんのためにも、元気でいていただかなくてはいけませんからね。
いつもコメント本当にありがとうございます。




  • posted by ももmama 
  • URL 
  • 2013.09/15 23:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

ダークなふくちゃん様へ♪ 

我が家も、ももとにゃっちゃんのものは、
ちゃんと用意してあります。

ももは比較的なんでも食べれるのですが、
にゃっちゃんは決まったフードじゃないと、
お腹の調子が悪くなるのです。
だから、もしものためにも多めに置いております。
ただね、人間の食べ物が・・・。
買ってきたら、ももpapaが食べちゃってね(^^ゞ
また、用意しなければと思っております。
お水の入れ替えもしないといけませんよね。
私もちゃんと確認しなければ。
環境省の発表は、とても良い事ですよね。
もしもの時にも、安心して一緒に避難が出来たら、
こんなに嬉しいことはありませんね。

いつもコメント本当にありがとうございます。
  • posted by ももmama 
  • URL 
  • 2013.09/16 00:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ももmama

Author:ももmama

ももこはいくつになったの?

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

読んでくれて、ありがとう。

ブログ村に参加しているの。

右サイドメニュー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム