黒ラブ☆ももっちと毎日一緒

2017年4月、14歳になった黒ラブももこの笑顔の毎日を綴ります。

Entries

シロちゃん、ごめんね・・・なの。

皆さま、おはようございます☆。
私が夜以外に更新するなんて、めずらしいのですが(あくまでも私の中で、ですが^^)
昨日の夜は、あまりの体のだるさに倒れ込みました。
昨日は30日。月末最後のお仕事の日でした。
毎月、1か月を無事に過ごせると、今月も迷惑かける事なく働けて良かった^^
とホッとします。だから、昨日は1か月の疲れがでたのかな。
ただ、残念なのが早く寝るんだったら、コラーゲンをなぜ飲まなかったんだ~と
言う事。そんな事も思いつかない位でした、チョー残念っ(笑)
今日は家事や買物やることがいっぱいなので、今日は元気に頑張りますっ☆

さて、お話は変わりますが・・・
ももが、小さなももちびちゃんだった頃。
私はまだ仕事をしていなくて、ももの育児に専念していました。
そして、ももの3回目のワクチンが終わると、嬉しくていろんな所にお散歩に
連れて行きました。
その時に、うちの家から遠く離れた住宅街の一軒家の広いお庭の片隅にいる
白いワンコちゃんに出会ったのです。
それがシロちゃんです。
ただ、本当のお名前は分りません。
シロちゃんは、私が勝手に呼んでいたお名前です。
シロちゃんは私の姿を見ると、お鼻を鳴らしながら近づいて来てくれてくれました。
すごく人懐こい子、その姿はとても可愛かったです。

ただ、少し気になったのが・・・シロちゃんの雰囲気。
シロちゃんの人懐こさは、ももの人懐こさと何かが違い、淋しいよぉ、私、淋しいの・・・
って言っているような感じ。
愛情に飢えているのかな・・・あくまでも、私の主観ですがそう思ったのです。
正直いって、あまり可愛がられているようには見えませんでした。
お庭の端に暑い日も、寒い日も、大雨の日も、関係なくずっとそこにいるような・・・
実際、台風の日に見に行った時も同じようにたたずんでいました

それからは少し気になり、時々シロちゃんが元気にしているかを見に行くようになりました。
シロちゃんは控えめながらも、いつもしっぽフリフリ。
お散歩には行っているのかな、お風呂に入れてもらっていないんじゃないのかな
少し心配ですが、よそのお家のワンコちゃん。私にはどうすることも出来ませんでした。

やがて、私は仕事が忙しくなり、ももとのお散歩は近い場所へと変わっていきました。
早い時間に帰ると、ももは少し離れた大きい公園に行きたがります。
大きい公園はシロちゃんちとは反対方向。
シロちゃんの所に行く機会はだんだん減って行きました。
それでも、気になりたまに様子を見に行くと控えめながら、しっぽをフリフリ。
良かった、シロちゃん元気だったんだねと元気な姿を見るとホッとしました。

そして、去年の夜にたまたまももとシロちゃんの家の方向に行くと、どこからかワンコの
苦しそうな声が聞こえてきました。
きっと、シロちゃんだっと思って見に行くと、シロちゃんはいつものお庭の片隅ではなく、家の
おそらく屋根の下にいる様子。
苦しそうにうめく声にお隣の方も玄関を開けて様子を伺っておられました。
ただ、お家の方の姿は見えず。
私は、インターホンを押す勇気もなくて、ただシロちゃんの無事を祈るだけでその場を離れました。
次の日も、仕事が終わってから、ももを連れて行くとその日は何事もなく静かでした。
きっと、シロちゃんは昨日亡くなったんだな・・・と思いました。

無力な私は何も出来なかった。
ごめんね、シロちゃん。
あなたは幸せだったのかなぁ。
本当のお名前さえ、知らなかったシロちゃん。
シロちゃんのいた古い犬小屋は、今もそのままです。


私とももが尊敬する先輩、べべちゃんのお母しゃんである、ももちぇりさんの
黒ラブbebeとずっと一緒のブログの中で、チビクロお姉さんの活動という
記事がありました。
それで、私は自分が何も出来なかったという事を思い出したのです。
ももちぇりさん、勝手にお名前を拝借して、ごめんなさい。
これから、同じ事があっても、私はきっと同じように何も出来ないと思います。
もものお母しゃんとして、ももを大切にする事しか出来ないのです。
助けられないたくさんのワンコちゃん、本当にごめんなさい。

もものスヤスヤと眠る顔、おやつを食べて笑う顔、お散歩に行って大興奮している顔
ささやかな幸せかもしれませんが、ワンコがみんなささやかな幸せを感じてくれますように。
ごめんなさい、祈ることしか出来なくて・・・

120629_162310.jpg

ささやかな幸せでも、ももはとっても大切だと思うの。


何も出来ない無力な私ですが、今日も、ももと一緒に頑張ります。


皆しゃん、最後まで読んでくだしゃって、ありがとうなの☆
ももとお母しゃんの励みになります。もものお鼻にポチっとしてくだしゃい☆


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

ももとお母しゃんは皆しゃんの温かい拍手とコメントを心より待ってるの☆
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

私も、可愛そうなワンコを見かけても何も出来ない自分の力なさに腹立たしくなったり悲しくなったりv-390
せめて我が子達の犬生だけでも守ってやりたいe-267
でも現実はそれも厳しくて、私はラビィーを8歳で旅立たせてしまいましたv-409

ももちゃんは優しいママに巡り逢えて良かったネe-420

シロちゃんe-266
気にかけてくれるももmamaさんがいてくれて幸せだったと思いますv-398
  • posted by ラビィーママ 
  • URL 
  • 2012.07/01 17:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

同じですよ 

辛い思いをされましたね
でも、そのお気持ち分かります。
私も常々思います
悲しい思いをしている仔を
助けてあげる事すら出来ないな…って
自分の無力さに、虚しくなります。
でもね、ももちぇりさんのブログにもありましたけど
今目の前にいる我が仔だけも
せめて幸せに、大切にしていきましょう。
私もそんな当たり前の事しか出来ないけど
そう思って頑張ってます。
ももmamaさんは、本当にお優しい方ね。
そんなお母しゃんの仔になれた
ももちゃんはとても幸せですよ。
  • posted by yura 
  • URL 
  • 2012.07/01 18:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは。

わかりますよーとっても。。。
うちの近所にも可哀相なワンがいました。
短い鎖に繋がれて、、、
近所の犬好きなお姉さんが、そのワンのオーナーに
嘆願していました。
結局何も変わらなかったけど、チビクロお姉さんも
その犬好きお姉さんも、犬が好き以上の心の持ち主なのですね。
私もその可哀相な犬には何もしてあげれなかったです。

行動を起こすって、並外れた勇気がいる時があります。
他人さまのワンに対して、可哀相だからこうしてください、
なんて言うことは、なかなか真似できませんもの・・

気持ちはあっても行動を起こせない事の方が殆どでしょう。
そう、自分にできることでいいんです。
やらないといけないと思う時はきっと、身体が勝手に動くんだと思います。

第一、一番しないといけないことを、ももmamaさんは
やっていらっしゃいますよ。
一番大切にしたい命が、最優先です。

  • posted by ももちぇり 
  • URL 
  • 2012.07/01 23:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

気になって仕方ない外飼いのワンちゃん、
私も昔いました。
捨てられてしまった子もそうですが、
この犬たちも、うちの犬も、
嬉しい感情もあれば、病気をすれば同じように苦しいし、
何も違わないのに、なんでこうなんだろう、と
考えてしまいますよね。
でも私なんかは、それじゃあ果たして、
うちの犬は幸せなんだろうか…と考えてみたとき、
これまたやっぱり、分からないんですけど(汗)。
良かれと思ってしているけど、
犬からしてみれば「いや、それよりこっちだろ」
とか思われてるかもしれないし(笑)。
とても難しいんですけど、ももmamaさんがおっしゃるとおり、
喜んでるなぁ、とか気持ちよさそうに寝ている顔を見て、
こんなことを物差しに、頑張るしかないですよね。
何よりもまず、それが一番大切だと、
私も同感です。
  • posted by ubujun 
  • URL 
  • 2012.07/01 23:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

ラビィーママさんへ 

私はうちのももちゃんでさえ、我慢させて悪いなと思っているので
よそのワンコを救うなんて、偉そうな事は出来ないのです。
ただ、可哀想に思ってしまうだけで。
ももを大切にすることしか、今の私には出来なくて申し訳ないです。

> せめて我が子達の犬生だけでも守ってやりたいe-267
> でも現実はそれも厳しくて、私はラビィーを8歳で旅立たせてしまいましたv-409

ラビィーちゃんのお話読ませていただきましたが、私に同じ事が出来るか
どうか。
ラビィーちゃんはいいママに巡り合えて幸せだったなと思います。
ももと同じ歳。ラビィーちゃんの代わりにはなれませんが
ももの成長を良かったら、これからも見守ってやって下さいね。

コメントありがとうございました。


  • posted by ももmama 
  • URL 
  • 2012.07/02 08:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

yuraさんへ 

いえいえ、私なんて全然優しくないですよ。
結局は何もしてあげられなかった訳ですし。
もももね、私が仕事をしているせいで
いろいろ我慢をさせていると思うので。
よそのお宅のワンコちゃんにまで、偉そうに
言う資格なんて、ないんですけど・・・
広いお庭の一番家から離れた場所に
いた、シロちゃん本当に可哀想でした。
おそらく、うちと同じく共働きのご家庭
だったので、私もももにこんな風に
淋しい思いをさせているんじゃと心配に
なったり、反省したり。
ももも、うちの子になって幸せだったのかな
といろいろ考えさせられました。
でも、カワイイももちゃんをこれからも
自分なりに、大切にしていこう!と
思っています。
いつも優しいコメントをありがとうございます。
  • posted by ももmama 
  • URL 
  • 2012.07/02 08:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

ももちぇりさんへ 

勝手にお名前を出してしまって、ごめんなさい。
ももちぇりさんもブログを読んで、素晴らしい
お姉さんがいるんだなと思った後、
シロちゃんの事を思い出しました。
私みたいに何も出来ない人間もいるんだなぁって。

もももね、私が働いているから、可哀想と
ご近所のワンコママ友に言われた事があって。
正社員で働く主婦はうちの近くでは珍しい
ので。
今でも、言われているんじゃないかな^^
他の人にそう言われている、私がシロちゃんの
お家の人に偉そうに言う権利はないのかなぁと
思います。
それに、勇気はなかなかでませんよね。
時々、遊びにいってあげる事しか出来なかった
のが、やっぱりちょっと情けないです。

> 第一、一番しないといけないことを、ももmamaさんは
> やっていらっしゃいますよ。
> 一番大切にしたい命が、最優先です。

ありがとうございます。
これからも、ももを大切に育てていきます!

いつもコメントありがとうございます。
  • posted by ももmama 
  • URL 
  • 2012.07/02 08:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

ubujunさんへ 

本当にうちの子は幸せだと思ってくれているのかな
と不安になる事がありますよね。
ももはわりと、喜怒哀楽が分かりやすい子なので
笑顔になるように頑張っています。
きっと、不満に思っている事もたくさんあるのでしょうが(笑)

よそのワンコちゃん、気になりますよね。
でも、結局何も出来なくて。
シロちゃん、可愛くて良い子だったのですが
お家は可愛くなかったのかなぁ・・・

でも、他の方がおっしゃる通りにうちの子を
大切にするのが最優先ですよね。
これからも、ももの笑顔を守れるように頑張ります。
ウブちゃん&純くんの笑顔にも会いに行って癒されよう♪

いつもコメントありがとうございます。
  • posted by ももmama 
  • URL 
  • 2012.07/02 08:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ももmama

Author:ももmama

ももこはいくつになったの?

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

読んでくれて、ありがとう。

ブログ村に参加しているの。

右サイドメニュー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム