黒ラブ☆ももっちと毎日一緒

2017年4月、14歳になった黒ラブももこの笑顔の毎日を綴ります。

Entries

先生の一言に傷ついたの・・・

先生といっても、ももとにゃっちゃんをみていただいている
先生の事ではありません。
うちの先生は、とても慎重に言葉を選ぶようにお話される方なので。

これは、ワンコのママ友に、もものお散歩中に友達の話なんだけどね・・・と聞いたお話。
最近は、獣医さんでも自分の病院を持たず、病院に勤務もしない方が
いらっしゃるみたいですね。
そういう獣医さんやご自分の病院も経営されていて、おそらく空き時間がある獣医さんが
依頼のあった方のご自宅や近所のお家の前に来てくれて、近所のワンコちゃん、みんな
一緒にワクチン等をを打って下さるそうです。
噂によると、フィラリアのお薬やフロントラインも安くで分けていただけるみたいです。
ももは毎年フィラリアの血液検査をしていただいてから、お薬を服用しているのですが
毎年、血液検査をするなんてお金がもったいないよと言われる先生もいらっしゃるそうです。
うちはついでに、健康診断も兼ねて他の項目も調べていただくので、無駄だとは思わないのですが・・・
まぁ、人それぞれ^^別に、必要がないと思えば必要ないのです。
病気の時も電話一本ですぐに来て下さる方もいらっしゃるそうで、そういうのはいいなぁと思います。
結構人気なので、試してみようかなと思う人も結構いて、今は自分から病院に行く人より、
たくさんの獣医さんに出会う可能性がある人が増えているみたいです。
これはその何人かの先生の誰かが言われた言葉です。

患者である、大型犬のお母さんが何気なく
「10歳を超えたんですけど元気にしていますから、まだ大丈夫ですよね?」
と聞かれたら、その獣医さんは
「さぁ、大型犬は10歳生きたら、後はおまけみたいなものだからね」
と答えたそうです。
お母さんは「先生、ひどいですっ」と言われたそうですが
その先生にはあまり、そのひどいの意味があまり理解出来なかったらしいです。
多分本当におまけだと思っているんでしょうね。
こんな獣医に絶対にかかりたくないわ。
人の痛みが分らないのに獣医だなんてと、ママ友とお散歩しながら怒ってしまいました。

いろんな獣医さんがいらっしゃいますね。
おまけ?はぁ~
私なら、性格が荒々しいので、きっとその場で激怒だわ。
いや、ももの事だと傷ついて泣いてしまう可能性もあるな。
人間のお医者さんもそうですが、病気で弱っている時に、やはり優しい言葉をかけて下さる
先生に出会いたいです。
普通の事なんだけどな・・・


さて、今日のももちゃんです。
と、その前に。
何か、分りますか?分りませんよね(笑)
ホタルなんです。
うちから、山をひとつ越えた所に生息しています。

120614_202622.jpg

他のホタルは飛んでいましたが、この子は道にいたんです。
しゃがみこんで、撮りました。
辺りは真っ暗の上、人が多いので踏まれてなければいいなぁ。
触ると命が短くなっちゃうような気がして、触れなかったのです。

120614_085817.jpg

みなしゃん、ももです。もう、覚えくれた?

120614_1105011.jpg

可愛く写っているかしら?少し心配なの。お母しゃん、お写真ヘタだから。 

120614_182036.jpg

みなしゃ~ん☆ももの笑顔にまた会いに来てね。よろしくお願いします。

うちのももちゃん、今日もチョーカワイイッ  親バカですみません^^
明日も、ももの笑顔のために頑張ります。

ももの笑顔にポチっとしてくれたら、嬉しいの☆
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ももmama

Author:ももmama

ももこはいくつになったの?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

読んでくれて、ありがとう。

ブログ村に参加しているの。

右サイドメニュー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム