黒ラブ☆ももっちと毎日一緒

2017年4月、14歳になった黒ラブももこの笑顔の毎日を綴ります。

Entries

腎機能低下、15か月目の血液検査。

昨日のももは、午前中にオゾン療法に行き、午後は主治医の先生へ。
2か月に1回の血液検査を受けるためです。

201707082223378b7.jpeg

なんだか、緊張するの~。

最近はオゾン療法の先生に行くことが多く、たまに主治医の先生の所へ来ると、
もも自身の緊張なのか、母の緊張がうつるのか、落ち着かない様子のもも。

先生に呼ばれて、心音を聞かれたり、脱水をしていないか確認されたり、
腎臓のツボを押されたり、腹部や脚の動きを確認されている間は触られるのが
嬉しいのでしっぽブンブン♪でしたが、いざ採血となるとキューキュー・・・泣いていました。

2017070822235145b.jpeg

はぁ~、終わったの~。結果をじっと待つの。

それでは、血液検査の結果。
1番気になる腎臓は・・・

今回は、BUN 23.1  クレアチニン1.8  リン3.8
前回は、BUN 22.4  クレアチニン1.9  リン3.0

大きな変化はなく、現状維持です。

BUNとリンは前回も今回も基準値内、クレアチニンは基準値より少し高いのですが、
ここ最近は大きく基準値から外れることもなく、ももの腎臓は上手に働いてくれている、
と言っていただけました。

ちなみに、1番数値が悪かった時はBUN56.1 クレアチニン2.5でした。

今回、クレアチニン以外はすべて基準値内。
前回心配をされたヘマトクリットは上がり、肝臓の数値は下がりました。
母なりに食事等を気をつけていたのですが、今回の結果には心からホッ(^^)

201707082223169c6.jpeg

えっ、なになに?先生はももを褒めて下さったの?

ももちゃんは表情が豊かだし、動きも滑らかだし、食欲もあるようだし(笑)
大型犬の14歳にしては良い状態だ思いますよ、と言っていただけました。

またももと一緒に、毎日コツコツと地道に頑張ります♪

もしも、血液検査を受けられて、腎臓の値が少しでも基準値以上でしたら、
母はショックで目の前が真っ暗になって泣いたりもしましたが、
泣いても何も状況は変わらないので(笑)

突然に数値が上がってしまうこともあるようですので、まめに検査を受けられて、
初期の間に、ご自分の大切な子に合う食事療法や治療方法を見つけられると、
長く現状維持が出来るようです。

ささやかな経験なのですが(^^ゞ
この15か月間でそう感じました。

今日も家族みんなで頑張ります。
今日も最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございます。

14歳2か月のももを応援していただきたいの♪

にほんブログ村
いつもポチッと応援して下さり、ありがとうございます。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ももmama

Author:ももmama

ももこはいくつになったの?

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

読んでくれて、ありがとう。

ブログ村に参加しているの。

右サイドメニュー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム