黒ラブ☆ももっちと毎日一緒

2017年4月、14歳になった黒ラブももこの笑顔の毎日を綴ります。

Entries

犬が草を食べるのはなぜか。

昨日は、やたら草を食べたがったもも。
普段は、なぜか雨の日に食べたがることが多い。

犬が草を食べるのはなぜか。

吐き戻したり、胃の痛みを和らげるなど。
なんらかの胃腸障害を楽にするための説。

獲物となる草食動物の胃袋に入っている草をそのまま平らげるオオカミから進化した犬は、
そのようにして草を摂取しなくなったため、自ら栄養不足を補っているという説。

これらの説には科学的根拠はなく、必ずしも草を食べる全ての犬に
あてはまるわけではないそうですが。

20170502224934d00.jpeg

ももは、時々草が食べたくなるの。不思議なの。

草を食べて吐き戻す子もいるし、そうでない子も。
体調不良の子もいるし、健康な子も。

つまり、犬が草を食べる理由は解明されていないようですが、
健康な犬に普通に見られる行為だと言われている。

たまたまかもしれませんが。
ももは、若い頃は細長い草を食べて、時々吐き戻していました。
吐いたあとはわりとスッキリした様子で。

その経験があるので、昨日も吐くのか、気持ち悪いのかと見守っていたのですが、
特に何の変化もなく、おやつの生キャベツも、ごはんもモリモリ食べていました。

では、なぜ食べたくなったのだろう。
なんとなくだろうか、趣味で食べたくなるのだろうか(笑)

いずれにせよ、道に生えている草なので除草剤などの危険などもあり、
なるべく食べさせないようにはしているのですが。

20170425052056823.jpeg

zzz・・・。

お散歩から帰り、疲れて寝ている時のもも。
身体をまっすぐにうつ伏せに寝ていることが多い。

この寝方が僧帽弁閉鎖不全症の症状のひとつとも言われているらしいのですが、
健康な子が普通にする寝方でもある。

ももは、普段から先生に聴診器で心音を聞いていただいていますし、
咳や散歩途中に座りこむなどの症状もなく、舌の色にも変化はありません。

人間もそうなのですが、犬の体調管理にはこれがあるから必ずこうだ、
という明確なものがない。

心配な事があれば、すぐ先生に相談の母なのですが。
ももがももらしく過ごせる日々を長く守るためには、日々の様子や変化を
すぐ近くで、よく見ていることが大切だと思っている。

というわけで、今日もじっーーーーと見ています。
今日から三連休なので、いつもよりマシマシで(笑)

今日も家族みんなで頑張ります。
今日も最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございます。

14歳のももを応援していただきたいの♪

にほんブログ村
いつもポチッと応援して下さり、ありがとうございます。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ももmama

Author:ももmama

ももこはいくつになったの?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

読んでくれて、ありがとう。

ブログ村に参加しているの。

右サイドメニュー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム