黒ラブ☆ももっちと毎日一緒

2017年4月、14歳になった黒ラブももこの笑顔の毎日を綴ります。

Entries

弱くなった腎臓と不安に思ったこと。

昨日はももの主治医の先生に、お薬をいただきに行って来ました。

脚と腎臓のためのお薬をいただいていますが、腎臓のお薬代は月2万円ほど。
その他に、別の病院で腎臓のためにしているオゾン療法は1回2,000円。

ももはしていませんが、最初に勧められた輸液治療は1回5,000円。
それを週1回通院で行うようにと言われたのですが、まずは経口補水でと断り、
今も経口補水のみで安定した数値です。

ちなみに、輸液を勧められた時の数値はBUN56.1 クレアチニン2.0
今の数値は、BUN21.2 クレアチニン1.8です。

他の病院でもお聞きしましたが、7,000円・4,000円と同じ輸液を
同じ量を使う場合でも値段が違いました。

主治医の先生、オゾン療法の先生、手作り食の先生、眼科の先生、
にお聞きしましたが、自宅での輸液を許して下さる先生はおられません。

もしも、必要になった時。
自宅での輸液を認めて下さる先生を探さなければと思っています。
おそらく安くなるはずなので。

この他にサプリも。
腎臓のためにだけだと、コエンザイムQ10が月4,000円ほど。

腎臓の療法食を食べていた時の食費は月1万円ほどだったかな。
今は手作り食なので、それ以上にかかりますが。

20170413205424702.jpeg

お母しゃんは、もものためにいろいろと考えているようなのよ。

ももの腎臓が弱くなったと知った時。
病気への不安も大きかったのですが、正直お金の不安も大きかったので、
何かの参考になれば、と書いてみました。

ステージによって治療方法は変わりますが、
腎保護のための投薬治療・輸液治療・食事療法が主になると思います。

進んで行くと貧血や高カリウムなどの治療も必要になる可能性も。
その治療のことや、別の治療方法も考えているので・・・

ももの今も将来も守るために。
働かなければ、諭吉さんをちゃんと連れて帰って来なければ、と改めて思う。
ファイト、おっー!ファイト、おおっーーー!!(笑)

フルタイムで働いているので。
常に、そばにいてあげられない申し訳なさはずっとあるのですが、
自分に出来ることを、自分なりの方法で精一杯に、といつも思っています。

今日も家族みんなで頑張ります。
今日も最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございます。

14歳のももを応援していただきたいの♪

にほんブログ村
いつもポチッと応援して下さり、ありがとうございます。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ももmama

Author:ももmama

ももこはいくつになったの?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

読んでくれて、ありがとう。

ブログ村に参加しているの。

右サイドメニュー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム