黒ラブ☆ももっちと毎日一緒

2017年4月、14歳になった黒ラブももこの笑顔の毎日を綴ります。

Entries

犬と塩2。

前回、オゾン療法の先生に塩分について質問した母。

フードには塩が入っているけど、手作り食には入れるのかどうなんだろう、
自分には分からないので、手作り食を推奨されている先生に聞いておくね、
と言われていたのですが。

その答えは・・・

201704040653307ae.jpeg

こんにちは、ももなの。今日もどうぞよろしくお願いしたいの♪

基本的には、入れない。

食べ物には微量のナトリウムが含まれているので、それで良い。
コツは出来るだけいろいろな食材を入れること。
鶏肉であれば、もも肉・鶏肝・手羽先などいろいろな部位を入れる。

ただ、あきらかに塩分不足とみられる場合は入れる。

・ 足の裏をよく舐める
・ 土やコンクリートをよく舐める
・ チッコの後、陰部を必要以上に舐める
・ 散歩で、他犬のチッコを舐める
・ 人の手足をよく舐める

塩分の足りない子はなんとか自分で補おうと、様々な努力をする。
より不足が進んだ子は倦怠感や落ち着きがなくなるなど、その他いろいろな症状も。

20170402220159fd0.jpeg

うーん。食べ物については考えることはたくさんあるのね。

下痢や嘔吐の時。
体内の塩分を多量に外に出してしまう機会になる。

日曜日に、下痢になったもも。
ごはんにほんの気持ち程度、いつもより少し多め塩分を。
塩分濃度計、活躍中~。

症状が軽かったのもあって、月曜日の朝には良いウ〇チに戻りました。

20170404065432347.jpeg

春の日差しがまぶしいの~。

ももが行っている手作り食の先生は、食べ物に含まれるナトリウムでは少ないので、
塩分を0.3~0.4%の濃度になるように入れること、と言われていた。

オゾン療法の先生が聞いて下さった先生は、必要であれば入れること、
と言われていた。

今まで、たんぱく質や脂肪など。
気になることは分かりやすい部分ばかりの母だったですが、
「塩」についていろいろ調べてみて、聞いてみて。

改めて、勉強の大切さを知った。
しみじみ・・・。

手作り食の先生が消化には塩よ、と言われていたのですが、
塩素のことだったのか、と今頃に理解。恥ずかしーい(/ω\)

無知は恥ずかしいけど、怖いことだけど。
そこから知ろうとすることが大切なのだと思い、勉強を続けるのだ。
ファイト、おっー!ファイト、おおっーーー!!(笑)

今日も家族みんなで頑張ります。
今日も最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございます。

13歳11か月のももを応援していただきたいの♪

にほんブログ村
いつもポチッと応援して下さり、ありがとうございます。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ももmama

Author:ももmama

ももこはいくつになったの?

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

読んでくれて、ありがとう。

ブログ村に参加しているの。

右サイドメニュー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム