黒ラブ☆ももっちと毎日一緒

2017年4月、14歳になった黒ラブももこの笑顔の毎日を綴ります。

Entries

犬と塩。

春分の日の昨日は、お彼岸でお寺さんのお参りなどがあり、バタバタしていた母です。
ちなみに、ももはいつも通りいびきゴーゴーでしたが(笑)

日曜日には、毎度おなじみのオゾン療法に行って来ましたよ。

20170321060325ee5.jpeg

先生、こんにちは~。ももなの、今日もよろしくお願いしますなの♪

こちらの先生が大好きで、呼ばれる前に診察室に行こうとするもも。
まだだよーと母が引き留めている図(笑)

20170321060339c19.jpeg

えっ、ももはまだ呼ばれていなかったの!?

いつも母の話をよく聞いて、丁寧に答えて下さるこちらの先生。
何か気になることはある?と聞かれ・・・

ナトリウムなのですが、と今、とっても気になっていることを早速質問。

もものナトリウムの値は、ギリギリ正常値範囲ではあるけれど低い。
足裏をよく舐めるのと、鼻の上の脱毛がなかなか良くならないので、
もしかして、ナトリウム不足でしょうか?と聞いてみた。

うーん。手作り食は詳しくないから分からないけど、フードには塩が入っているからね、
どうなんだろう、食べ物には少量の塩分が含まれているけど、手作りも塩を入れるのかな。
ごめんね、分からないから、手作り食を勉強されている先生に聞いておくね、と先生。

なんだか、すみません・・・。
聞きやすいからと、いつも何でも聞いてしまって(^^ゞ

201703210604066e4.jpeg

犬にとっても塩は大切らしいの。


実は、腎臓が弱くなったもものため、以前手作り食の先生の元へ勉強に行った際、
母の作ったごはんの塩分濃度を測ってもらうと、0.2%でした。

0.3~0.4%が望ましいとされているので、少しだけ塩を入れて下さい、
と言われたのですが、勇気が出なくて今まで入れたことがなかったのです・・・。
つまり、勇気が出ない母が悪いのですが。

腎臓が弱くなったももに、塩ですか!?と聞くと、リン以外のミネラルは、
普通の子と同じで大丈夫ですよ、と。
輸液のことを考えると、ああっなるほど!とは思ったのですが。

人間より摂取量は低くても、塩は犬の身体にも絶対に必要なもの。
必要量と摂っている塩分を比べて、むむむぅ・・・(-_-;)

フードでは、塩分が高いものもあるとか。食いつきをよくするために。
パッケージに書いていないものも多いそうですが、1度確認するのも良いのかも。

素人なので詳しくは書きませんが、塩分ひとつをとってもいろいろ興味深いです。

母は、とりあえず塩分濃度計を注文しました。
遅い、遅すぎるわ(笑)

もものため、勉強と小さな手助けを続けるのだ。

今日も家族みんなで頑張ります。
今日も最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございます。

13歳11か月のももを応援していただきたいの♪

にほんブログ村
いつもポチッと応援して下さり、ありがとうございます。
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

ママさん、こんばんは~♪
ももこちゃんのために何時も凄い頑張り、尊敬です。
それに色々と包み隠さずblogに載せてらして好感バッチリですよ(^_-)b
私も色々と参考にさせて頂いてます。

塩の事ですが・・・ご存知でしたらごめんなさいね。
人間も動物も塩がないと生きていけないそうです。
塩って色々な種類がありますね、主にスーパーで売っている「精製塩」と
「天然塩」あと海外の塩ですが・・・
精製塩は化学的に作られた塩化ナトリウム、なのでこの塩を取りすぎると
高血圧、むくみとかの原因のようです。

反対に海から摂れるミネラルの入った天然塩を断然お勧めです、
出来れば低温処理をした塩を選ぶと良いそうですよ^^

私は手作りの時には天然塩も使いますし、後、発酵食品のお味噌、
それからぬか漬けなんかもちょっと入れます。
(お味噌も麹菌を使った熟成したお味噌ね)
両方ともお値段が張りますが健康を考えたら安い物です^^

誕生日、20日を切りましたね(*^_^*)
  • posted by keiko 
  • URL 
  • 2017.03/22 21:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

keiko 様へ♪ 

手作り食を習いにいっておきながら、
先生の言うことを守らず、
本当にダメな母です(^^ゞ

もちろん、犬にも塩分は必要だと知ってはいたのですが、
食材に含まれているだけで充分、
わざわざ他に塩分を入れる必要はない、
と聞いていたことを覚えていたので、
先生から塩を入れなさいと言われても、
なかなか勇気が出なかったのです・・・。

今回、いろいろ自分でも調べて、
ももに必要な塩分を計算してみたら、
今までの量では足りなくて。
ごはんに藻塩や昆布粉などを加えるようにしました。
あっ!たまには味噌も。
必要以上に塩を避け、怖がっていましたが、
病院で使われている輸液を考えたりもすると、
適量であれば、怖がる必要はなかったなと分かりました。

分かるのが遅すぎてね~(笑)
ももには、本当に申し訳ないです(^^ゞ

こちらこそ。
いつも良い情報を教えて下さり、ありがとうございます。

いつもコメントを下さり、本当にありがとうございます。

  • posted by ももmama 
  • URL 
  • 2017.04/08 19:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ももmama

Author:ももmama

ももこはいくつになったの?

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

読んでくれて、ありがとう。

ブログ村に参加しているの。

右サイドメニュー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム