黒ラブ☆ももっちと毎日一緒

2017年4月、14歳になった黒ラブももこの笑顔の毎日を綴ります。

Entries

無くならないこと。

あることのために、いろいろな角度からももの写真を撮りたい母。
ももは後姿を撮ろうと思うと、すぐにこちらを向こうとする。

201702190724575a6.jpeg

お母しゃん。どうして、ももは後ろ向きでいなければいけないの?

ももは、ダメな子ね~、と言いつつも。
そういうところが可愛いと思うダメな母なのであった(^^ゞ

20170219072642b87.jpeg

ウマウマをいただけたら、頑張れるのよ。

最近、ももの顔にホコリがついている、と手で払ってあげても取れないことが多く、
あっ!ホコリじゃなくて毛か。また白い毛が増えたのね・・・、としみじみ。

20170219075106891.jpeg

ウマウマをいただけないのなら、アカンベェ~なの。

本犬は変わりなく元気なので、そんなにしみじみする必要もないのですが(^^ゞ

201702190726229ca.jpeg

ももの周りには大きいお友達より、小さいお友達が増えてきたのよ。


さて、ももが若い頃は、周りにラブを始め、他の大型犬も多かったのですが、
最近、お散歩で出会えるのは小型犬ちゃん、中型犬ちゃんがほとんど。

そんなある日、ももがウ〇チをして拾おうとしたら・・・
少し横を見ると、もものと同じくらいの大きさのウ〇チがあることに気が付いた。

今、ももがしたものではないし、見た目にも違う子のウ〇チだと母には分かる。
手作り食を食べているももとフードを食べている子では明らかに違うのだ。

もものはね、いろいろなものを食べているなぁ、という感じなので。
そんな説明はいらないか(笑)

しかし、小心者の母。
他の人が見たら、やだっ!ウ〇チ。さっきすれ違った黒い子のじゃないの!?
と思われるのではないだろうか、とももがした近くにある他の子のウ〇チも拾うように。

20170219072551e7e.jpeg

ウ〇チは拾っていただきたいの。ももだったら、恥ずかしいもの・・・。


もものウ〇チは、もちろん平気。
知っている子のウ〇チも平気。

でも、どんな子がしているかが分からないウ〇チは正直、平気じゃない。

なのに、拾うのはももが疑われたり、ダメなお母しゃんで可哀想・・・、
なんて思われては嫌だから。考えすぎか!?

自分のお家の子がした分を拾えば済むことなのにな、と思うのですが。

放置ウ〇チ。
なかなか無くならないのは、なぜなんだろう。

今日も家族みんなで頑張ります。
今日も最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございます。

13歳10か月のももを応援していただきたいの♪

にほんブログ村
いつもポチッと応援して下さり、ありがとうございます。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ももmama

Author:ももmama

ももこはいくつになったの?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

読んでくれて、ありがとう。

ブログ村に参加しているの。

右サイドメニュー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム