黒ラブ☆ももっちと毎日一緒

2017年4月、14歳になった黒ラブももこの笑顔の毎日を綴ります。

Entries

ラブラドールの厄年。

手作り食を勉強に行った先生が教えて下ったことなのですが・・・

ラブラドールの厄年は8~9歳。
シニア期に入りこの頃から内臓機能が衰えていき、大病を患うことがある、と。

2017011506171221e.jpeg

みんなも、ももも、ずっと元気だといいの。

過去の血液検査の結果を全て見ていただき、ももの場合は10歳だと言われました。

10歳の血液検査で、総たんぱくが前回の検査よりも上がっていました。
これはグロブリンが上昇したことが原因で、A/G比が低下していました。

上昇、低下といっても、基準値内。
主治医の先生からは何も問題がない、と言われていたと思います。

※A/G比 アルブミンとグロブリンの比を算出したものです。
        慢性炎症・腫瘍・慢性肝障害・腎からの喪失で低下します。

また同じく基準値内ですが、肝臓の数値が上昇していること。
数値上にはまだ表れていませんが、おそらくこの頃から腎機能の低下が始まっていた
のではないかと推察します、とのこと。

今まで書いたももの血液検査の変化。
何かがあってではなく、すべては老化が原因だそうです。

201701150617255ef.jpeg

早くお散歩に行きたいの~。

それがね、ももの厄年。
ピッタリ当たっていまして。

胃腸が急に弱くなり、ずっと下痢が続き、どうすればいいのだろう、どうしたら良いのだろう、
と泣きながら、ももに謝りながら汚れたももの身体を洗い、洗濯ばかりをしていた年なのです。
真夜中に胃拡張になったこともあって、ももの10歳は悩みに悩んだ年でした。

でも、サプリ、ビオフェルミン、消化酵素等々・・・。
ももの弱いところを補ってくれるものを見つけて、今はお腹の調子は良いのですよ。

おかげ様で、毎日大盛りごはんを食べても大丈夫なのだ(笑)

20170115061647474.jpeg

ももは、今日も元気に歩いちゃうの。楽しいの~♪

血液検査の結果が基準値内でも、先生に大丈夫ですよと言われても、
その前の結果と1度見比べてみて、あれっ!?前よりも上がってる、下がってる、
と気になる個所を見つけたら、自分なりに調べることが大事だと思います。

そして、次に先生に会った時に聞いてみる。
自分が分かるまで、納得するまで聞いてみる!
んっ!?と納得出来ないことがあれば、母は違う先生にも聞いてみます(笑)

そして、改善するのはどうしたら良いのかを教えていただき、
自分でも勉強する。

ももが13歳になって、ようやくそれが出来るようになった母です。
もっと若い頃からそれがちゃんと出来ていれば良かったな・・・と反省しています。

良かったら、この母の反省。
ダメな人の代表と考えていただいて(^^ゞ

皆様の大切なしっぽのある家族が、ずっと元気で明るく楽しいシニアライフを
過ごしていける小さなヒントにしていただければ、と思います。

今日も家族みんなで頑張ります。
今日も最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございます。

13歳9か月のももを応援していただきたいの♪

にほんブログ村
いつもポチッと応援して下さり、ありがとうございます。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ももmama

Author:ももmama

ももこはいくつになったの?

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

読んでくれて、ありがとう。

ブログ村に参加しているの。

右サイドメニュー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム