黒ラブ☆ももっちと毎日一緒

2017年4月、14歳になった黒ラブももこの笑顔の毎日を綴ります。

Entries

貧乏人はペットを飼うな。

もものお友達、同じくシニアっ子がゆっくりと進行する病気になりました。
原因がはっきりと解明されておらず、有効な治療法もまだ見つかっていないそう。

ママさんは主治医の先生と一緒に何が良いのか、これからどうすれば良いのかを
一生懸命に考えておられます。

でもね、もものお友達はやる気と元気と食欲はいっぱい。
食欲がいっぱいあるのはお互い一緒だね、とママさんと笑っています(笑)

毎日を明るく元気に過ごしているのも、ももと一緒。

本犬たちは、母たちが日々のことやこれからのことを心配しているのは
伝わっているのかもしれませんが、いたって楽しい毎日です♪

そんな子達も見て、母たちは同じように明るく、同じように笑って過ごそう、
と教えてもらっているのであ~る(笑)

20161214193505187.jpeg

犬はね、毎日の今を大切に生きているのよ。

ももの病気の腎臓病は、人間でも治らない病気、同じく高額な医療費がかかる病気です。
どれだけ残っている腎機能を維持出来るか、進行を遅らせるかも同じ。

治療していく上で大きく違うのは、人間の場合は医療費助成制度があるということ。

犬は個人で入る保険しかないのだから、当たり前のことなのだけど、人間だけでも
医療費の削減と言われる今に、動物の保険に公的なものがあるわけがないのですが、
いいなというか、人間はちゃんと守られているんだな、改めて思います。

少し前に、貧乏人はペットを飼うな、という趣旨の発言をされた獣医師がおられましたが、
その言葉は日頃ならそれほど深く考えなかったかもしれませんが、難治性の病気にかかり、
高額の医療費が必要になってきた今は深く頷く思いもある母です。

ももの命はお金だけで守れるものではないけど、やはり必要だなって、思っているので。

もちろん、精一杯の努力は今もしていて、これからも母に出来ることはしていく。
ももがももらしく生きられる毎日は、ももにとっても母にとっても大切なことなのだから。

という訳で!?
今日も、諭吉さんをひとりでも多く連れて帰れるように、太い腕で頑張るのだ(笑)
ファイト、おっー!ファイト、おおっーーー!!

今日も家族みんなで頑張ります。
今日も最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございます。

13歳8か月のももを応援していただきたいの♪

にほんブログ村
いつもポチッと応援して下さり、ありがとうございます。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ももmama

Author:ももmama

ももこはいくつになったの?

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

読んでくれて、ありがとう。

ブログ村に参加しているの。

右サイドメニュー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム