黒ラブ☆ももっちと毎日一緒

2017年4月、14歳になった黒ラブももこの笑顔の毎日を綴ります。

Entries

良い先生に出会うためには・・・。

先代犬の時のこと。

午後7時半過ぎ頃。
先代犬がウ〇チが出ず、痛みがあるようで苦しそうな声で泣き出しました。

慌てて、友達に教えてもらっていたご近所でも評判の良い先生に電話をして、
痛そうで苦しそうだと、説明した所。

今、何時やと思ってるんやっ。
診察時間はもう終わってるやろ!、と怒鳴られた。

確かに、その病院の診察時間は少し過ぎていて、非常識なのは私の方だったのですが、
獣医師といっても自分の生活があるのだから、時間を過ぎてまで診てくれないことは、
仕方ないことだったのですが。

だけど、辛そうに泣く先代犬の横で、助けて欲しいと電話をしていた私にとっては、
本当に悲しくて涙が止まらなかった・・・。

20161208060407b85.jpeg

ももは、自分のペースでお散歩を楽しんでいるの♪

今と違って、夜間救急病院が周りにはあまりなかった頃。

その後も何軒か電話をして、断られたり、電話がつながらなかったり。
ようやくひとりの先生がお休みの日だったのですが、すぐに連れておいで、
と言って下さり診ていただけることに。

診ていただいた結果。
肛門横に腫瘍が出来ていて、それが原因で上手くウ〇チが出せないということでした。

その時から、先代犬の主治医になってもらった先生。
病院を怖がりビビりまくる先代犬をその後6年間、最期の時まで優しく支えて下さいました。

201612080729189c4.jpeg

ももは、お口が真っ白なの。素敵女子にまた近づいて来たの♪

今は、先生を探すものも友達や知り合いに聞くだけではなく、ネットの口コミ等で
たくさんの情報が得られます。

ももは、主治医、オゾン療法、食事療法、眼科、と今は4人の先生に診ていただいて
いますが、主治医の先生以外はネットで見つけた先生たち。

みんなももにとっては良い先生であり必要な先生なのですが、ももと母が良いと思うから
といって、他のワンちゃんとその子のご家族にとって良い先生とは限らない、とも思う。

考え方が違ったり、人として合う合わないもあると思いますし、
ワンちゃんにも同じくそれはあると思います。

2016120806035023c.jpeg

お母しゃんも、ももと一緒でビビりなの。だけど、それも個性だからいいと思うの。

自分の大切な家族だと思う犬にとって、良い先生を見つけるために大切なことは、
助けたい、守りたい、出来るだけ長くその子らしくいて欲しいと思ったら、
新しい病院に行く勇気と自分なりの知識を持って、実際に会って話してみることだと思う。

実は、母。
職業柄たくさんの方とお話するですが、仕事では初対面でも全然大丈夫なのですが、
ものすごーーーく人見知り(^^ゞ

新しい先生に会うというだけでドキドキして、かなりの勇気が必要なのだ(笑)

会う前はドキドキしていても、実際に会ってお話するとホッとすることが多いのですが、
眼科の先生だけは怖いっ、ものスゴく怖いっ、と最後まで思ったままの初対面でした。
たまには、そういうこともあるのだ(笑)

今は、良いことも悪いこともハッキリを言って下さる正直で良い先生だと思っていますよ。
それにももは目の検査は怖がりますが、出会った時から先生のことが大好き。
しっぽブンブンとクネクネ踊りが止まらないのだ(笑)

これからも先生たちに助けていただいて、ももをしっかり守っていきたいです。

今日も家族みんなで頑張ります。
今日も最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございます。

13歳7か月のももを応援していただきたいの♪

にほんブログ村
いつもポチッと応援して下さり、ありがとうございます。
スポンサーサイト

Menu

プロフィール

ももmama

Author:ももmama

ももこはいくつになったの?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

読んでくれて、ありがとう。

ブログ村に参加しているの。

右サイドメニュー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム