黒ラブ☆ももっちと毎日一緒

2017年4月、14歳になった黒ラブももこの笑顔の毎日を綴ります。

Entries

最高の薬になりたい。

西日本新聞に掲載をされたこちらの文章を読まれた方も多いのでは。
短い生涯を大切に

母は同じ先生が書かれたこちらの文章を読んで、いろいろと考えることがありました。
最高の薬は飼い主の愛情

母には、ももへの愛情がたくさんあります。
ももに、生きて欲しいと願う気持ちもたくさん。

2016112114314914c.jpeg

ももは、お散歩をお休みすることはないの。朝は眠いのだけど、ちゃんと行くの。

でも、願い方を間違えれば、ももに無理をさせてしまうのではないか、
という思いもあって、やみくもに長生きばかりを願うことをやめようと思うようになりました。

ももがもう少し若い頃は、何歳まで生きて欲しいと目標のように思っていたのです。
その目標に何の意味があったのかは自分でもよく分かりませんが、
ただただ長生きばかりを願っていた。

もちろん、長生きはして欲しいのですが・・・
今はももがずっとももらしくいられることが、目標というか、母の1番の願いです。

そう思うようになったのは、腎臓が弱くなって来たと分かったから。
このまま悪くなっていけば、ももから大切な食欲を奪ってしまうと分かったから。

長生きよりも、今を守ることが何よりも大切なんだ、とよく分かったからです。

20161121143240f29.jpeg

皆しゃまはいちごを何個食べられるの?ももは、大好きなのでいくつでも食べられちゃうのよ

ももは、いちごが大好きです。
今年、一緒に行ったいちご狩りをものすごく喜んでくれました。

行くのが少し遅くて、もう終わり頃に行ったので、来年は一番美味しい時期に行って、
ももに美味しくたくさん食べてもらうことがささやかなようで、大きな今の目標。

ずっと食べられる身体でいさせてあげることが、母の役目だと思っている。

病気のある子のお母さんも、ない子のお母さんも、みんな同じだと思いますが、
母というのは大切な子を守るため、その生活を支えるために、毎日一生懸命だと思う。

母も、そうで。
毎日が必死だったりする(笑)

ももは、たぶんそのことを感じていると思います。
だから、毎日を楽しく元気に精一杯に生きてくれているのではないか、
と思うことがあります。

20161122061543bdd.jpeg

zzz・・・

ももが美味しい物をもっともっとたくさん食べたい。
ここのお家で、ずっとずっとのんびりのびのび過ごしたい。

家族で笑って、遊んで、ずっとここにいたい。
ただ生きたい、と思ってくれるような、生きるために必要な最高の薬に母はなりたい。

母にとって、ももは生きる力です。
なくてはならない存在です。

ももにとっても、同じ存在になりたい。
って、重い?重すぎるかしら~?(笑)

今日も家族みんなで頑張ります。
今日も最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございます。

13歳7か月のももを応援していただきたいの♪

にほんブログ村
いつもポチッと応援して下さり、ありがとうございます。 
スポンサーサイト

Menu

プロフィール

ももmama

Author:ももmama

ももこはいくつになったの?

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

読んでくれて、ありがとう。

ブログ村に参加しているの。

右サイドメニュー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム