黒ラブ☆ももっちと毎日一緒

2017年4月、14歳になった黒ラブももこの笑顔の毎日を綴ります。

Entries

続く命。

先代犬マルちゃんは17年前の6月お空へと旅立ち、同じ年の秋には
今も一緒に暮らすにゃっちゃんが私の元へと来てくれました。

ひとつの命を見送った後、またひとつの命を預かることはとても怖くて。

にゃっちゃんを連れて来てくれた祖父には、無理だと行ったのですが、
この子はお前が育てないと死んでしまうぞ!と言われた一言で、にゃっちゃんは母の子に。

20161028222532bd4.jpeg

小さい時に飲んだミルクは美味しかったにゃん。また飲みたいにゃん。

にゃっちゃんは、母の実家の物置小屋でノラ猫ちゃんが産んだ子のひとり。

他の子は祖父を見て素早く逃げたそうですが、にゃっちゃんだけはなぜか祖父の
足元にトコトコ・・・と歩いてきたらしい。

運命だったのかな!?たまたまだったのかな?(笑)

出会った時は手のひらに乗るくらいに、小さかったにゃっちゃん。
哺乳瓶で一生懸命に育てていると、いつの間にか悲しいばかりの日々ではなくなった。

20161029060020975.jpeg

そこそこ。もっと撫でて欲しいにゃーん。

にゃっちゃんには、本当に感謝しています。

あの時に出会ってくれて、ありがとう。
また命に向き合える勇気と一緒に暮らす幸せをありがとう。

兄弟猫の中で、ただひとりの黒猫。
祖父が黒い子は幸せをくれる、と母に託す時に言っていたのですが、本当でした。

先日、胃液に血が少し混じっていたにゃっちゃん。
お薬が終わって様子を見ていますが、今のところ大丈夫です。

元気に家中を走り回っています。ももに、にゃんこパンチをしています(笑)
ご心配をしていただいた方々、ありがとうございました。

20161028222611155.jpeg

ももは、小さな時からしっぽブンブンだったの?

そして、にゃっちゃんとの出会いから4年後にはももと出会えました。

ももと初めて出会えた時のももの喜び方。
小さな身体でしっぽブンブンが止まらなくて、抱っこをしてもクネクネ踊りをしていましたよ。
その様子が可愛くて、可愛くて、もう本当に可愛くて。 可愛いって、何回言うんだ(笑)

憧れのラブラドールとの生活が始まったのでした。

2016102822255431e.jpeg

ももは、良い子じゃなかったの?

パピー時代のもも。
怪獣ももゴンだったので、思い描いていたラブとの暮らしとはちょっと違いましたが(笑)

20161028222636510.jpeg

ももは、お父しゃんとお母しゃんとにゃっちゃんに出会えて良かったの~♪

先代犬マルちゃんから続く命。
今を明るく楽しく生きるふたりと、今を大切に生きます。

しっぽのある家族。
母にとっては家族であり、親友であり、何もにも代えがたい宝物です。

今日も家族みんなで頑張ります。
今日も最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございます。

13歳6か月のももを応援していただきたいの♪

にほんブログ村
いつもポチッと応援して下さり、ありがとうございます。 
スポンサーサイト

Menu

プロフィール

ももmama

Author:ももmama

ももこはいくつになったの?

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

読んでくれて、ありがとう。

ブログ村に参加しているの。

右サイドメニュー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム