黒ラブ☆ももっちと毎日一緒

2017年4月、14歳になった黒ラブももこの笑顔の毎日を綴ります。

Entries

フードジプシー。

昨日も暑かったももっち地方。

もものおやつは、梨でした。
ほとんどが水分の梨は、水分補給にもぴったり。

ももは美味しく食べて、いっぱいオ〇ッコも出してくれたので、身体の老廃物を
出すのにも少しは役立ってくれたかな。

20160807085348aec.jpeg

毎日、暑いの。でも、お散歩は楽しいの♪ 

さて、ももは春の健康診断の時にBUNとクレアチニンが高くなり、腎臓病用の
療法食を先生からすすめられ、食べ始めました。
療法食は先生からすすめられた中から選びました。

腎臓病用の療法食は低タンパク質に作られており、その分のカロリーを炭水化物や
脂肪分で補っていて、特に脂肪分が高めです。

ももは療法食を食べ始めてから、クレアチニンは現状維持のままですが、
BUNはほぼ正常値範囲内にまで下がりました。

20160807085424b50.jpeg

ももはね、何でも美味しくいただいちゃうの♪

下がった血液検査の結果を見て、本当に本当に嬉しかった。

まだ初期の段階で腎臓が弱ってきていることが分かったことも、早めに薬と療法食を
始められたことも良かったんだと思ったのですが、ただ別のことで心配なことが出て来ました。

安定した腎臓の数値とは反対に少しずつ上がり始めたのが、
総コレステロール。

先生には、他の数値を見ても特に異常がないので、このまま上がり続けると
甲状腺機能低下症の可能性があると言われたのですが・・・

母は、ただ単にももが食べ始めた療法食の脂肪分が多いせいでは?と思ったのです。
そして、先生がすすめられたフードではなく、他のものでも探してみようと思いました。

ももが若い頃も食べさせるものに迷いつつ、良いフードだと聞けば試していました。
迷いフードを代えることをフードジプシーと言われていたのですが、今もそう言うのかな?

今は犬用のフードだけではなく、手作り食も含めてフードジプシーの母です。
ももの身体に良いものをと考えれば、考えるほどに迷います。

今日も家族みんなで頑張ります。
今日も最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございます。

13歳3か月のももを応援していただきたいの♪

にほんブログ村
いつもポチッと応援して下さり、ありがとうございます。
スポンサーサイト

Comment

悩みますね。。。 

こんばんは

ほんとうにフードに関しては悩みますよね。。。
先代のアンディの時も療法食で助けられましたが、メリットもあればデメリットもあるんですね。

今もドックフードやトッピングも迷っています。

アンディパパ様へ♪ 

腎臓病の療法食は全年齢を対象にしているので、
シニアっ子にはなかなか難しい所もあります。
どのフードもですが、合う子もいれば合わない子もいますからね。

いつもコメントを下さり、本当にありがとうございます。

  • posted by ももmama 
  • URL 
  • 2016.08/14 12:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ももmama

Author:ももmama

ももこはいくつになったの?

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

読んでくれて、ありがとう。

ブログ村に参加しているの。

右サイドメニュー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム