黒ラブ☆ももっちと毎日一緒

2017年4月、14歳になった黒ラブももこの笑顔の毎日を綴ります。

Entries

笑わない先生。

昨日は前日に比べて暑くなったももっち地方、これからますます暑くなりますね・・・。

さて、土曜日にはにゃっちゃんを連れて病院に行って来ました。
定期的に行っている点滴デーです。

201607102213205fc.jpeg

暑い夏も脱水をしないように、点滴を頑張っているにゃんよ。

家では、ももにニャンコパンチをお見舞いして走り回っているのにね、
ごはんや何かして欲しい時は、ニャーニャーと騒がしいくらいに訴えかけるのにね(笑)
病院ではあまりにも静かで、大人しくとても良い子のにゃっちゃん。

家族以外に触られるのが苦手だったのに、いつもの病院ではなぜか平気になりました。

先生や看護士さん達に触られても、嫌がることなくじっとしています。
おまけに看護士さんがいつも偉いねと褒めて撫でて下さると、顏がとっても嬉しそう(笑)

先生も看護士さんも優しいので、そのおかげだと感謝している母です。

20160710221301e84.jpeg

先生も看護士さんも、みんなとっても優しいの。会えるのが嬉しいの♪

もも達の主治医は、街の小さな病院の先生。
今の病院に来られるまでは、隣の県の大きな病院に勤務されていました。

今の病院に決めるまで、すぐに行ける範囲の数件の動物病院に行きました。

その中でここが良いと思ったのは、話をちゃんと聞いて下さるから。
治療方法を説明して下さり、どうしようかと迷った時にも決めるまで付き合って下さる。

ももがパピーの頃からのお付き合いなので、ももの健康状態や性格も
分かって下さっているのも大きい。
ももは避妊手術を含めて4回の手術を受けていますが、その手術も全部していただいた。

20160710221331fc4.jpeg

先生は、ももが食いしん坊なこともちゃんと知っておられるの。

先生の言葉で印象に残っているのは・・・
家族であるこの子達を思い、心配したり、不安に思う気持ちを笑う獣医師はどこにもいない。
何か不安に思ったり心配に思うことは僕でも、他の先生にでも、どんどん相談して下さい。

大きな病気になった時のために、設備が整った病院にかかっていた方が安心なの
かもしれないと思うこともあるのですが、その時はその時。

何度質問しても、おそらくそんなつまらないことを聞いてと思われるようなことでも、
笑わずに、否定せずに、最後まで話をちゃんと聞いて下さることは、まず相談が出来る
先生がいることは、それだけでも安心出来るのです。

今日も家族みんなで頑張ります。
今日も最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございます。

13歳3か月のももを応援していただきたいの♪

にほんブログ村
いつもポチッと応援して下さり、ありがとうございます。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ももmama

Author:ももmama

ももこはいくつになったの?

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

読んでくれて、ありがとう。

ブログ村に参加しているの。

右サイドメニュー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム