黒ラブ☆ももっちと毎日一緒

2017年4月、14歳になった黒ラブももこの笑顔の毎日を綴ります。

Entries

7人の獣医師なの・・・

私は今までに、前のワンコのマル、にゃっちゃん、ももを通じて、7人の獣医さんと
出会いました。いろんな先生がおられました。

いい先生ばっかりでしたと言いたい所ですが、マルが急病の時がありまして、
夜9時にお電話した先生は、ご迷惑なのはもちろん承知での上で電話したのですが
「診察時間は過ぎてるのに、犬の事なんかで電話してくんなっ」
と怒鳴られまして。
こちらが悪いのはもちろん分かっていましたから、迷惑に思われても当然です。
でも「犬の事なんかで」との言葉にはキレましたね、私。

そして、別な先生を探さなきゃと同じ時に初めて電話したA先生。
丁寧に症状を聞いて下さり、緊急性はなさそうだから明日の朝に連れていらっしゃいと
言われ、翌日は休診日だったにもかかわらず、マルを診て下さいました。
その時、マルはウンチが出なくて、とても苦しそうにうめいていて、
最初はただの便秘かなと言われ処置していただきましたが、念のための検査で肛門に
腫瘍が見つかりました。
腫瘍の治療をはじめ、亡くなるまでA先生にずっと診ていただきました。

3番目の先生はにゃっちゃんが祖父に拾われて、実家に来た時に友人に教えてもらって、
連れて行った先生です。
マルを診て下さった先生はとても良い先生でしたが、マルと一緒に毎週のように通った道
を思い出すだけで、辛かったので、もう行きたくなかったのです。

そして、こちらに来て、ももとにゃっちゃんを診て下さる先生を探そうとワクチンや爪きりで
4軒回って、巡り合ったのが「もも、串飲み込み事件」から救って下さった今の先生です。
ももが子供の時から、ずっと診ていただいていますが、心配性の私にも、病気の事を詳しく
話して下さるし、質問にも丁寧に答えて下さるので安心出来ます。
何より、ももに優しく接して下さるので、それが一番かも。

ある時、先生が椅子に座ってしみじみと
 「ももちゃん、上手に育てられましたね。足が悪いってお話した時、ずっと泣いておられて、
  正直、大丈夫かなって思ったんですけど。
  体重管理も出来てるし、いつもちゃんと育てておられるなと思ってたんです」
と褒めて下さり。
    
またもや、涙ぐむ私。
先生は私の涙を何回、見たことでしょう。
ひょっとして、ももpapaより多いんじゃないかな。

この褒めていただいたすぐ後に、ももちゃん3回目の手術を経験することになるとは・・・
   

120525_071514.jpg

今日は雨だったの。ももはレインコートが嫌い。
雨も嫌いなので走ってお散歩をすませちゃったわ。明日は晴れるといいなぁ。

                                
 
ぽちっと押していただけたら、嬉しいです
拍手・コメントお待ちしています

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

こんにちは☆

ももちゃん、ほーーんまに美犬ですわe-266
目が大きいんですねぇ、可愛すぎます。
べべも昔は大きな目だったのに、だんだん小さくなり・・・(笑)

獣医ってジプシーしますよね、なかなかいいところには
当たりません。
うちもつい最近また変えました(というかもとに戻った)
老犬は何があるかわからないからという理由で、近さを
重視したんですが、やはり不審な部分が出てきて・・・
ももちゃんはいい先生に巡り合えて良かったですね。

しかし冒頭の、獣医とあろうものが、"犬のことなんかで
電話してくんな"、ってのは、言語道断ですね。
そんな医者、NET、ツイッター駆使して悪い噂流して、
廃業に追い込みましょう!!!
許せんことですわっe-262
  • posted by ももちぇり 
  • URL 
  • 2012.05/26 13:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

そうですよね~ 

まずは、るんに応援コメントありがとうございます
頑張るからね~負けるもんか!(笑)

そそっ、信頼できる先生に巡り会えるのは
そうそう簡単ではないですね。
そにしても獣医師らしからぬ人がいる事に唖然です。
腹立たしい(怒)

ももちゃんはカッパ嫌いのね~(苦笑)
本当、今日もべっぴんさんで
可愛いわ~萌っ♪

  • posted by yura 
  • URL 
  • 2012.05/27 10:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

・・・(#´Д`)/ 

…「犬の事なんかで・・・」発言にはビックリしました
こんな人にわが子を診せたくないですねi-231

信頼できる獣医さんに出会う事は、本当に難しいですよね…(´Д`)
私も色々な先生に出会いました…e-330

ももちゃんのお気に入りのうさぎさん、
もう販売されていない物なのかな…?!
ワンちゃんのおもちゃって、すぐに販売終了に
なったりして、もう手に入らない…気に入っていたのに…
なんて事、よくありますよね…i-240
  • posted by kita 
  • URL 
  • 2012.05/27 13:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

ももちぇりさんへ 

コメント&ご訪問いつもありがとうございます。

べべちゃんはお目目が優しいので
お写真を見ているだけで、癒されますよ。
それにとってもカワイイ。お鼻ほじほじ(笑)

過保護な私にはぴったりな先生ですが
同じ所に通院している人は説明が長いから、
待ち時間も長いし、それに慎重だから合わないと
言う人もいますし、同じ先生でも人それぞれ
ですね。
不審な所があると不安ですよね。
いい所が見つかるといいですね。

冒頭の獣医さんは近所でもわりと評判のいい先生
だったので、かなりショックでした。
もちろん、近所の人には悪口を言っちゃいました(笑)
マルが病気になったのは8歳の時なので
かれこれ、19年前の事になります。
その先生、おじいちゃんだったので
もう・・・・かもしれません(笑)
この間、実家に帰った時に久しぶりに
マルを診ていただいていたA先生の病院の前を
通ったら、まだちゃんとあって嬉しくなりました。
  • posted by ももmama 
  • URL 
  • 2012.05/27 19:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

yuraさんへ 

いえいえ、こちらこそ。いつもありがとうございます。
るんちゃんの大切な時にコメントをいただいて
ありがとうございます。
るんちゃんの末っ子らしい、愛らしさ、かわいさは
ももと目指して行く存在。
だから、いつまででも元気でいてもらわなければ。
ももと一緒にもう心の底から応援していますからね。
手術の前は緊張しますが、るんちゃんもyuraさんも
うまうまをたくさん食べて、体力をどんどん
つけて下さいね。

マルちゃんが腫瘍が出来た当時は肛門の手術は
とても難しくて神経を切ってしまうと、自分の意思ではなく
排便がずっとでてしまうので、手術は止めた方が
いいと言われました。
抗がん剤を飲ませていましたが、腫瘍よりも
いきんでもウンチが上手く出ないもので、おしりが
私のこぶし位に腫れてしまい、病気が見つかった8歳から
亡くなるまでの6年間はウンチが自分だけでは出来なく
なってしまい、ずっと押さえてさせてあげていました。
失礼な獣医さんに腹が立ちましたが、最後まで診て
いただいたA先生に会えたので良かったです。
  • posted by ももmama 
  • URL 
  • 2012.05/27 19:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

kitaさんへ 

ももpapaは昔、別の先生に電話で
「もう寿命だから(病院に)連れてこなくてもいいよ」
と言われた事があるらしいです。
今、住んでいる所の近くの先生なのですが絶対に行きたく
ないと思っています。

もものお気に入りのうさぎさんはワンコ用の枕として、
お店にいましたが、そのお店にはもういないのです。
ももも、最初はアゴをのせて寝ていたりして、
カワイイと私は大喜びしていたのですが
そのうち、カミカミしだしちゃって。
でも、カミカミしている姿がちょっと獰猛で
ももちゃん、あなたそんな子だったの?
と我が子の以外な姿にちょっと引いてしまいました(笑)
  • posted by ももmama 
  • URL 
  • 2012.05/27 19:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ももmama

Author:ももmama

ももこはいくつになったの?

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

読んでくれて、ありがとう。

ブログ村に参加しているの。

右サイドメニュー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム