FC2ブログ

黒ラブ☆ももっちと毎日一緒

2017年4月、14歳になった黒ラブももこの笑顔の毎日を綴ります。

Entries

その子もりっぱな盲導犬に違いないけど、違うの・・・。

またもや、盲導犬のお話で申し訳ないのですが・・・^^

IMG_8227.jpg

えっまた盲導犬の事なのっ。ももの事も書いてよぉ。クスンッなの・・・

職場でも、もも好き、ラブ好きで有名な私。
ラブ ≒ 盲導犬という事で、クイールも当然好きでしょうと思われているようで
(その通りなんですけどね^^)
今日、仕事に行きましたら「志村どうぶつ園、見ました?クイールだったでしょう?」
と話しかけられました。

「見ましたよ。知っている話しなのに、泣けてしまって」

「私は録画をしてて、まだ見てないんですけどね。クイールってあれですよね。
 確か、御主人の身代りに事故にあって、前脚を切断した子ですよね?」
 
「ちがーうっ!それは盲導犬サーブの事だからっ」

盲導犬サーブ。
よく突然、名前が出てきたなと自分でも感心しましたが、懐かしい名前です。
皆さまはご存じでしょうか?
この子も有名な盲導犬です。
ラブじゃなくて、シェパードなのですが。

盲導犬サーブについて、少し・・・
 
パートナーを誘導中に、雪でスリップして突っ込んできた車からパートナーを庇って重傷を負い
その傷が原因で左前脚を切断。
この事故がきっかけとなって「盲導犬は視覚障害者の身体の一部」であるとの認識が広がり
事故にあった盲導犬にも自賠責保険が支払われるように法律が改正された・・・という子です。

学生の時に、この子について調べて、レポートを書きました。
なぜこの子を選んで、調べたのかはハッキリ覚えていないのですが
どうやら、私は昔から盲導犬好きのようですね^^

時々、街で盲導犬を見かける事があります。
もちろん、決して声をかけたり、触ったりはしません。
じっと見つめるのもいけないかと、そっと見守るだけなのですが。
暑い日も寒い日も変わらず、パートナーの横を歩く、その姿はもものように単純にカワイイと
いう訳でもなく、カッコイイという訳でもなく、本当に御苦労さまです・・・と手を合わせたく
なる存在です。
一生懸命にお仕事をする姿に感動して、涙が出そうになりますしね。
ラブは人が大好きなので、人とずっと一緒にいられて幸せかもしれません。
でも、厳しい訓練を耐え抜き、人の命を守る仕事をする子たち。
やっぱり、盲導犬は私達、人間にとって本当に大切な存在だと思っています。
私の身近の方で盲導犬と暮らす方はいらっしゃいませんが、その生涯を人と一緒に
生きるために、産まれてくれて、生きてくれて、本当に、本当にありがとうねと思います。
そういえば、うちの心の盲導犬のももちゃんも、私のために元気に明るく生きてくれています。
ももにも感謝の気持ちでいっぱいです^^
一緒にしたら、怒られちゃいますね。すみませんっ(^^ゞ


それにしてもですね、最初の会話の後に・・・
「じゃあ、クイールって何をした子でしたっけ?」と言われちゃったのです。

クイールファンの私としては、えっ(;一_一)本当に知らないの・・・と内心、悲しく。
「うーん。もういいから、家に帰って録画したのを見てね」と言うのが精一杯でした。
あっ、私って冷たい?^^

今日も、ももの口元が気になり、バーンとお顔を大きく撮ってしまいました^^

IMG_2891 (2)

もも、今日もお口ばっかり見られて、本当に迷惑だったのぉ。まだ、赤いのよぉ。

明日も家族みんで頑張ります。
今日も最後まで読んで下さって、本当にありがとうございました。

ももはお母しゃんの心の盲導犬なの。
あなたのワンコもきっとそうだと、ももは思うのよ。


にほんブログ村
ももとお母しゃんはランキングに参加中なの。
もものお顔を優しくポチっと押して下しゃいね。
皆しゃま、よろしくお願いしますなのぉ。

ももとお母しゃんは皆しゃまからのコメント&拍手も心待ちにしているの。
本当に本当よぉ♪
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ももmama

Author:ももmama

ももこはいくつになったの?

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

読んでくれて、ありがとう。

ブログ村に参加しているの。

右サイドメニュー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム