黒ラブ☆ももっちと毎日一緒

2017年4月、14歳になった黒ラブももこの笑顔の毎日を綴ります。

Entries

鎮魂と再生の光り。

先日、毎年ももっち市で行われている、神戸ルミナリエに行って来ました。

神戸ルミナリエは阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めるとともに、都市の復興・再生
への夢と希望を託し、大震災の起こった1995年の12月に初めて開催されました。

2015121205465478e.jpeg

私は、震災当時はまだ実家のある京都に暮らしていました。

京都も震度5と大きく揺れたのですが、時々遊びに来ていた美しい神戸の街の
変わり果てた姿をテレビで見た時は、大きな衝撃を受けました。

20151212054502958.jpeg

生まれも育ちも神戸市内のももpapa。
実家は大丈夫だったものの、別に所有していた建物が全壊し、親戚の中には倒壊した家屋
の下敷きになった方々もおられました。

20151212054517960.jpeg

幸い命は助かったものの、暮らしはひとつの地震で大きく変わったとおっしゃっていました。
仕事も、生活も、何もかも・・・。

201512120545359ec.jpeg

何事も起こらない日々が続くと、備える気持ちを忘れがちになってしまうのですが、
もも達を守るためにも出来る備えはしておかなくては、と思います。

201512120548491d9.jpeg

たくさんの方が見に来られていた神戸ルミナリエ。
大きな地震があったということを伝える意味でも、ずっと続いて行って欲しいと思います。

明日、13日まで開催されています。

20151212054728ba7.jpeg

ももは地震の後に生まれたので分からないのだけど、大変なことだとは思っているの。

今、何事も起こらず、こうしてごくごく普通の毎日が続くというのは、続けられるということは、
本当に幸せなことですね。

20151212054805da0.jpeg

お母しゃん。何かあった時には、ももとにゃっちゃんを守ってくれるの?

何かあった時には、必ず守るよ。
腰が弱いお母しゃんだけど、火事場の馬鹿力はふたりのためなら絶対に出ると思う。

大切な家族だもの。
どんな時も、何が起こっても、ずっと一緒に生きて行こうね。
何があっても、絶対にふたりを離さないよ。

今日も家族みんなで頑張ります。
今日も最後まで読んで下さって、本当にありがとうございます。

12歳8か月のももを応援していただきたいの♪
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

阪神淡路大震災 

こんにちは

私も大昔に大阪に本社がある会社に勤めていて家内も大阪なので、よく遊びに行った神戸の街や三ノ宮の惨状をニュースで見てびっくりしました。

最近では東日本大震災のこともありペットとの避難ガイドラインを自治体が定める様になってきましたがワンとの避難が最優先ですね。
そしてニコルも万が一はぐれた時の為に迷子札やペットのおうちのサイト等に登録しました。

ももちゃんのパーカー可愛いですね(^^♪
もしかして人用を羽織って着ているのですか?
おしゃれ〜♪

また更新楽しみにしてます〜(^^♪



アンディパパ様へ♪ 

よく知っている風景が、一瞬にして変わってしまうこと。
辛く悲しいことですよね・・・。
大きな地震が起きるたびに思うのですが、
自然災害の前に人間は本当に無力です。
でも、備える気持ちを持つだけで、大きく違いますよね。
ももにも、何かあった時のために迷子札をつけています。
ももとにゃっちゃんのごはんと水分補給用のあれこれは、
家に多めに置くようにしています。
どんな時も一緒に生きて行きたいですからね(^^)

パパさん、スゴイッ!
当たりです、人間のパーカーを羽織っているももっちです。
例のしまむらラブラです(笑)

いつもコメントを下さり、本当にありがとうございます。

  • posted by ももmama 
  • URL 
  • 2015.12/13 05:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ももmama

Author:ももmama

ももこはいくつになったの?

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

読んでくれて、ありがとう。

ブログ村に参加しているの。

右サイドメニュー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム